KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2020

Description
京都国際写真祭 KYOTOGRAPHIE 2020 
会期:2020 年 9 月19 日(土) – 10 月18 日(日)
会場:京都市内14カ所
インフォメーションセンター:NTT西日本 京都支店 三条コラボレーションプラザ
▶︎ Official WEB

主催:一般社団法人KYOTOGRAPHIE
共催:京都市、京都市教育委員会
後援:京都府 / 京都商工会議所 / 京都ブランド推進連絡協議会
プレミアムスポンサー:シャネル合同会社
協賛:ルイナール(MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社)、ビー・エム・ダブリュー株式会社、株式会社マツシマホールディングス、Kiwakoto、オムロン株式会社、アニエスベー、ハースト婦人画報社、ロクシタンジャポン株式会社、株式会社グランマーブル、株式会社プチバトージャパン 他 

第8回テーマは「VISION」。
今、世界中で近視の人口が増加している。知っての通り、近視とは近くは視えるが遠くは視えにくい症状のことを言う。それは皮肉にも、目先の利益を優先し、犠牲を置き去りにしながらひたすら経済発展を目指した結果、社会を分断し自然環境を瀕死の状態にしてしまったこの世界の実状と酷似しているのではないだろうか。そして今、ウィルスという目に見えない恐怖が世界中を席巻し、 グローバルな時代に自国だけでは対処できず、世界が団結しなければ解決できない切迫した問題に直面している。「VISION」は目に見えるものだけでなく、想像して見るものも意味する。世界は、この異例の2020年にいったいどんな未来の「VISION」を見るのだろうか。 KYOTOGRAPHIE 2020では、多様な視点によって作られたさまざまな「VISION」を集めた。世界を変えるには、まず自分たちの「VISION」を変えなければならない。 個人の「意識」の集合体こそがこの世界なのだから。 一人一人が世界の問題を「他人ごと」でなく「自分ごと」として考えることができたとき、世界は必ず変わる。Let’s share our VISION!

KYOTOGRAPHIE 共同創設者/共同代表 ルシール・レイボーズ & 仲西 祐介

=メインプログラム=
片山真理 [嶋臺(しまだい)ギャラリー]
エルサ・レディエ [HOSOO GALLERY]presented by Ruinart
ウィン・シャ [誉田屋源兵衛 竹院の間]presented by BMW
福島あつし[伊藤佑 町家]
マリアン・ティーウェン[伊藤佑 町家]
外山亮介 [両足院(建仁寺山内)]presented by Kiwakoto
ピエール=エリィ・ド・ピブラック [京都府庁旧本館 正庁]presented by CHANEL NEXUS HALL 共催:京都府
オマー・ヴィクター・ディオプ[京都府庁旧本館 旧議場、出町桝形商店街、DELTA / KYOTOGRAPHIE Permanent Space]supported by agnès b. 共催:京都府、京都新聞
マリー・リエス[アトリエみつしま Sawa-Tadori]supported by L'OCCITANE with the patronage of JANPIA
甲斐 扶佐義[河合橋東詰歩道、タネ源、青龍妙音弁財天、京都駅ビル 空中径路]共催:京都市、京都駅ビル
※新型コロナウィルス感染症などの状況により、変更になる場合がございます。

=新型コロナウイルス感染予防対策実施について =
国や京都府、京都市の指針等に基づき、感染症拡大防止対策を行っています。入場にあたり、マスクの着用、こまめな手洗い・消毒、体温測定、来場者同士の距離の確保のご協力をお願いいたします。発熱等の風邪の症状がある方、体調がすぐれない方は、ご来場をお控えください。会場により入場制限や、一部事前予約制を実施している会場があります。詳細はオフィシャルウェブサイト、公式SNSをご確認ください。

KYOTOGRAPHIE 2020
International Photography Festival 2020
Dates: 2020. 09. 19. Sat. – 10. 18. Sun.
▶︎ Official WEB

Theme of 2020 ”VISION”
Around the world, more and more of the population is suffering from nearsightedness. The result of making profit and indulging in self-interest at any cost has made our society and environment crumble. We face now an invisible terror, a virus sweeping across the world eroding our systems and security. Acting alone is no longer an option, we must abandon our myopic governments and attitudes to band together to create a new paradigm. The word “VISION” refers our physical functional vision, but also the mind’s eye. In these unprecedented times, what kind of future does the world see? For KYOTOGRAPHIE 2020, “VISION” gathers diverse perspectives. In order to change the world, we must first change our “VISION” of it. After all, the world is created by our collective consciousness. When we perceive the world’s problems as a cumulative effect of generations of mismanagement and avoidance, assume responsibility for our past, and future actions as a species we can change the world. Let’s share our VISION!

=MAIN PROGRAM=
Mari Katayama[SHIMADAI GALLERY KYOTO]
Elsa Leydier[HOSOO GALLERY] presented by Ruinart
Wing Shya[Kondaya Genbei Chikuin-no-Ma] presented by BMW
Atsushi Fukushima[Itoyu Machiya]
Marjan Teeuwen[Itoyu Machiya]
Ryosuke Toyama[Ryosokuin Temple (Kennin-ji Temple)] presented by Kiwakoto
Pierre-Elie de Pibrac[Main Office, Former Main Building of the Kyoto Prefectural Office] presented by CHANEL NEXUS HALL Co-organizer: Kyoto Prefecture
Omar Victor Diop [Former Assembly Room, Former Main Building of the Kyoto Prefectural Office, Demachi Masugata Shopping Arcade, DELTA/KYOTOGRAPHIE Permanent Space] supported by agnès b. Co-organizer: Kyoto Prefecture, Kyoto Shimbun
Marie Liesse[Atelier Mitsushima Sawa-Tadori] supported by L’OCCITANE with the patronage of JANPIA
Kai Fusayoshi[Sidewalk on the east end of Kawai-bashi Bridge, Tanegen, Seiryu Myoon Benzaiten, Kyoto Station Building Sky Way]Co-organizer: Kyoto City & Kyoto Station Building
*The schedule is subject to change depending on the status of COVID-19 infection and other factors.

=Protective measures against the spread of COVID-19=
Measures to prevent the spread of COVID-19 are being taken in accordance with city, prefectural, and national guidelines. All visitors are asked to wear a mask, practice thorough hand washing, undergo a temperature check, and maintain social distance upon entry to the festival. Please refrain from attending if you are experiencing cold-like symptoms such as a fever or are feeling unwell. Some venues may implement entry limits or require advance reservation. Please check the festival website and social media accounts for details.
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#721735 2020-09-02 09:21:01
Sep 19 - Oct 18, 2020
[ Sat ] - [ Sun ]
10:00 AM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
【前売】パスポートチケット・一般 ON HOLD ¥3,500
【前売】パスポートチケット・学生 ON HOLD ¥2,500
【Early bird】Passport Ticket ON HOLD ¥3,500
【Early bird】Student Passport Ticket ON HOLD ¥2,500
パスポートチケット・一般 / Passport Ticket ¥4,000
パスポートチケット・学生 / Student Passport Ticket ¥3,000

On sale until Oct 18, 2020, 3:00:00 PM

Combini / ATM payment will be closed at the end of Oct 17, 2020.

Venue Address
京都市中京区 場之町 604 Japan
Organizer
KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭
822 Followers

[PR] Recommended information